テレビ広告やホームページを活用して宣伝を行いましょう

記録するメディア

安くなっていく記録メディア

写真や文章、音楽に映像などなどパソコンの中に日々増え続けていくデータはどうしていますか。パソコンの記憶装置ハードディスクドライブの容量にも限度があります。 データがいっぱいになってしまったのなら、ハードディスクドライブそのものを増やして保存できる量を確保するというのも手です。しかしそれよりも簡単な他のメディアに保存をするという方法もあります。例えばBlu-rayDisk(ブルーレイディスク)やDVD(ディーブイディー)といったものに保存が出来ます。 CDのころは保存するディスクの容量が少なかったのですが、DVDからは相当増えており、今後も一枚のディスクに収められるデータの量が増えていくことが予測できます。

DVD制作をやってみよう

現在、主流なのはBlu-rayDiskとDVDがありますが容量の違いで値段も違います、最近はどちらも安くなってはいるのですが記録できる機器には値段の差がまだあります。そのような訳でまずはDVD制作から初めて見るのが良いでしょう。 パソコンでDVD制作をするためにはDVDドライブが必要になります。ドライブにはUSBで繋げるものや内蔵のものがありますので自分のパソコンにあったものを選びます。読み込むだけで書き込みが出来ないものもあり、その場合はDVD制作が出来ないので購入するときには注意しましょう。 そしてDVD制作をおこなう場合には『本当に大切なデータ』は複数枚同じものを作っておくことをオススメします、これをやっておけば何かの拍子にデータが入ったディスクが壊れてしまっても安心です。